チェルノブイリ原発事故35年 原発の世界遺産登録目指す

 鋼鉄製シェルターの内部で「石棺」と呼ばれるコンクリートの構造物に覆われたチェルノブイリ原発=15日(AP=共同)
 鋼鉄製シェルターの内部で「石棺」と呼ばれるコンクリートの構造物に覆われたチェルノブイリ原発=15日(AP=共同)
【モスクワ共同】1986年4月に旧ソ連ウクライナで起きたチェルノブイリ原発事故から26日で35年。ウクライナ政府は放射線レベルが低下した地域への観光客誘致に力を入れており、原発とその周辺を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録