青森県内、クラスターで店名公表の有無分かれる “線引き”の分かりにくさに不満も 

施設名の行政による公表状況
施設名の行政による公表状況
青森県内で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、クラスター(感染者集団)が発生した施設や店について、行政側の公表の有無が分かれている。県の公表基準では、濃厚接触者を特定できるかどうか―という点を重視。顧客名簿などが存在し、保健所から濃厚接触.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録