【B型肝炎訴訟判決】新たな司法判断 患者の救済へ道

 B型肝炎の給付金
 B型肝炎の給付金
B型肝炎訴訟の判決で最高裁は26日、慢性肝炎の「再発」から20年以内であれば国に損害賠償を請求できるとする新たな司法判断を示した。薬事行政の失態を問う法廷闘争が始まって30年余り。国の責任が明確になった後も「発症」から20年という線引きで十.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録