霜害に気をもむ生産者 高温で果樹の生育早く/青森県内

3月の記録的な高温が影響し、青森県内ではサクランボが平年より早い開花を迎え、霜害への懸念が広がっている=22日、三戸町
3月の記録的な高温が影響し、青森県内ではサクランボが平年より早い開花を迎え、霜害への懸念が広がっている=22日、三戸町
3月の記録的な高温の影響で、青森県内全体で果樹の生育が1週間から10日ほど早く進み、農家に霜害への懸念が広がっている。県内有数の産地の三八地域では、さまざまな果樹が既に開花しており、昨年、春の低温で不作に見舞われたサクランボ農家らが霜害対策.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録