Free脱炭素社会へ連携強化を確認 軽米町と横浜市、電力供給で交流

ウェブ会議による記念式典で林文子市長と意見を交わす山本賢一町長=26日、軽米町役場
ウェブ会議による記念式典で林文子市長と意見を交わす山本賢一町長=26日、軽米町役場

軽米風力発電所(軽米町)からの電力供給が今月始まったことを受け、町は26日、再生可能エネルギーについての連携協定を結ぶ横浜市の関係者と、ウェブ会議形式での記念式典を開いた。脱炭素社会の構築に向け、両市町で連携を深めることを確認した。

 町は2019年2月に同市と締結した連携協定に基づき、再生可能エネルギーの提供に向けた調整を関係機関と進めてきた。

 発電所を整備した「くろしお風力発電」(茨城県)は1日から、電力小売事業者の「みんな電力」(東京)を通じ、同市の5事業者に電力を供給している。

 発電所の最大出力は1990キロワットで、年間発電量は一般家庭約1200世帯分の消費電力に相当するという。

 式には、同市の林文子市長や電力供給を受ける事業所、発電事業者などの関係者が参加。山本賢一町長は「町では今後も風力、太陽光、バイオマスの発電施設の整備を進めていく。エネルギー供給を続けながら、農業・観光などの分野でも交流したい」と強調した。

 林市長は「安全な電力を供給していただき感謝する。町とのいろいろな連携を考えたい」と述べた。

お気に入り登録