時評(4月26日)

岩手県教委が、2020年度内に予定していた県立高校再編計画後期計画(21~25年度)の策定を見送った。2月に示した最終案に対し、二戸など統合対象校のある地域で存続を求める声が上がり、計画策定を持ち越す異例の判断となった。 後期計画の策定作業.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録