【首相衆参3選挙全敗】自公、政治決戦へ危機感 野党、連携に課題も

 衆参3選挙の主な対決構図
 衆参3選挙の主な対決構図
自民、公明両党は衆参両院3選挙で全敗した。国政選初陣の菅義偉首相は衆院北海道2区で候補擁立を断念し、「保守王国」と誇る参院広島選挙区でさえ敗北した。自民出身議員の「政治とカネ」問題が背景。参院長野選挙区でも野党の議席維持を早々に許し、今年最.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録