防げ孤立、善意“おすそわけ” 困窮世帯の支援、青森県内で広がり

2月に開催されたフードパントリーの様子=八戸市(青森県社会福祉協議会提供)
2月に開催されたフードパントリーの様子=八戸市(青森県社会福祉協議会提供)
社会福祉法人やNPO法人が主体となって生活困窮世帯に食料や日用品、学用品を無償提供する「こども宅食おすそわけ便」が、青森県内各地で展開されている。食品の配達やフードパントリーを通じて社会的に孤立しがちな困窮世帯と関係性を構築し、必要な支援へ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録