コロナ休職者、貴重な戦力に 農場で雇用、青森県がマッチング支援

東北町内の畑で行われているナガイモの春堀り。人手不足のまま収穫の最終盤を迎えている=21日
東北町内の畑で行われているナガイモの春堀り。人手不足のまま収穫の最終盤を迎えている=21日
新型コロナウイルスの影響で休職や減収を余儀なくされた人を、人手不足に悩む繁忙期の農作業現場で雇用する動きが青森県内で広がりを見せている。県も農家と休職者らをつなげるマッチングを支援。賃金や交通費などを補填(ほてん)する国の事業活用を農家に呼.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録