あおり運転への対処、VRで学んで 警察や教習所で導入広がる

 仮想現実を用いたシミュレーターを使い、あおり運転被害を疑似体験して対処法を学ぶ参加者=5日、警視庁中野署
 仮想現実を用いたシミュレーターを使い、あおり運転被害を疑似体験して対処法を学ぶ参加者=5日、警視庁中野署
もしも、あおり運転に遭ったら―。名古屋市の自動車部品会社「アイロック」が仮想現実(VR)を用いたシミュレーターを開発し、各地の警察や教習所で導入する動きが広がっている。同社社長でプロレーサーの古賀琢麻さん(44)は「いざ被害に遭ったときに冷.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録