塗料で耐震強化「犠牲者ゼロに」 東大発のベンチャー企業が開発

 鈴木正臣社長(中央)らAsterのメンバー=3月、東京都内
 鈴木正臣社長(中央)らAsterのメンバー=3月、東京都内
東大発のベンチャー企業「Aster(アスター)」が、建物の耐震性を高める特殊な塗料を開発した。世界では多くの人がれんがや石を積んだ家に住むが、震災で倒壊して死者が出ている。実験では外壁に塗るだけで震度7の揺れに耐えたという。「犠牲者ゼロ」を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録