発見から13年、ついに新種認定 久慈で化石発見の「アドクス・コハク」

新種「アドクス・コハク」について説明する平山廉教授(右)。写真中央は復元画=23日、盛岡市内
新種「アドクス・コハク」について説明する平山廉教授(右)。写真中央は復元画=23日、盛岡市内
久慈琥珀(こはく)博物館の琥珀採掘体験場から2008年に見つかった約9千万年前のカメ類「アドクス」の化石について、早稲田大の平山廉教授は23日、新種「アドクス・コハク」として国際誌に掲載されたと発表した。発見から13年を経て、アドクスの新種.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録