ドローン活用し密漁監視 川内町漁協(むつ)で実証試験

ドローンによる密漁監視などへ向けた連携協定を締結した川村智代表理事(左)、今進組合長(中央)と機体を提供する佐部浩太郎社長=23日、むつ市役所川内庁舎
ドローンによる密漁監視などへ向けた連携協定を締結した川村智代表理事(左)、今進組合長(中央)と機体を提供する佐部浩太郎社長=23日、むつ市役所川内庁舎
むつ市の川内町漁協(今進組合長)と日本ドローン活用推進機構(青森市、川村智代表理事)は23日、無人航空機ドローンを活用した密漁監視や水産資源保護へ向け、連携協定を締結した。実証試験を5月から開始し、数年をかけて実用化を目指す。 ドローンは、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録