八工大がシンボルマーク制定 8枚の扉、可能性への入口などイメージ

シンボルマークについて説明する坂本禎智学長
シンボルマークについて説明する坂本禎智学長
来年1月に創立50周年を迎える八戸工業大(坂本禎智学長)が、初めてシンボルマークを制定した。今後、看板や印刷物などあらゆる場面での使用を想定しており、同大の教育理念などが込められた新たなイメージとして、学外への浸透を図る。 シンボルマーク制.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録