ホタテ稚貝30トン放流 三沢市漁協、所得向上など模索

漁船に積み込まれたホタテの稚貝=23日、三沢漁港
漁船に積み込まれたホタテの稚貝=23日、三沢漁港
三沢市漁協(門上馨組合長)は23日、三沢沖にホタテガイの稚貝約30トンを三沢沖に放流した。今後定期的に調査、監視し、2年後の採集と水揚げを目指す。 「つくり育てる漁業」に取り組み、漁業者の所得向上や漁業の安定につながる手だてを模索する狙い。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録