Free三沢沖で不発弾発見 漁船が引き揚げ

八戸海上保安部によると、23日午前4時20分ごろ、三沢漁港から北東約22キロの海域で、操業中の沖合底引き網漁船が、金属製の砲弾のようなものを引き揚げた。八戸海保が巡視艇を出し、漁船を八戸港の沖約6キロの海域へ移動させて調べたところ、不発弾であることが判明。午後4時現在、船は海上にとどまっており、海保などが今後の対応を協議している。

お気に入り登録