バチカン、コロナで財政難 観光客激減、枢機卿の給与カットも

 21日、バチカンで語るローマ教皇フランシスコ(ロイター=共同)
 21日、バチカンで語るローマ教皇フランシスコ(ロイター=共同)
【ローマ共同】キリスト教カトリックの総本山バチカンが新型コロナウイルスによる財政難に見舞われている。観光客が激減し、歳入の主要な部分を占めるバチカン博物館の入場料収入はパンデミック(世界的大流行)前の水準に程遠い。4月から枢機卿の給与カット.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録