天鐘(4月23日)

太宰治の短編『水仙』に金持ちの家で食事をご馳走になる場面がある。蜆(しじみ)汁の貝の肉を箸でほじくって食べていたら、夫人が「そんなもの食べて何ともありません?」と驚きの声…▼上流の人達は蜆汁は汁だけを飲み、肉は捨てるのだ。無心の質問に、僕は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録