Free「八戸七夕まつり」が中止 コロナ感染拡大踏まえ

全国的な新型コロナウイルスの感染拡大を受け、八戸商店街連盟(類家徳昌会長)は22日、八戸市中心街で今夏に予定していた「八戸七夕まつり」の中止を決めた。中止は2年連続。

 新型コロナの収束が見通せない中、開催した場合でも、感染防止の観点で食べ歩きやアルコールの提供を禁止することが想定され、来場者の満足度が低下するとみられるのが主な理由。

 青森県内では複数の地域でクラスター(感染者集団)が発生しており、県のガイドラインで「イベントは中止」のレベルに達している点も踏まえた。

 中止は、同日、八戸商工会館で開いた定時総会で決定。関係者から異論は出なかった。前夜祭のメインイベントに当たる「八戸小唄流し踊り」も中止する。

 類家会長は「楽しみにしていた市民も多いと思うが、(開催により)市中感染につながる危険性もある」と語った。

 同まつりは例年、市中心街と湊町本町の2会場で実施。十三日町から三日町にかけての目抜き通りでは、出店や色とりどりの吹き流しが飾られ、夏の風物詩となっている。

お気に入り登録