Free日本大会で「女性の輝き表現したい」 東北代表の宮崎さん、西塚さん意気込み

日本大会へ向けて意気込む宮崎紘奈さん(右)と西塚春華さん
日本大会へ向けて意気込む宮崎紘奈さん(右)と西塚春華さん

八戸市の自営業宮崎紘奈さん(29)と南部町の飲食業西塚春華さん(34)が、社会や家庭で重要な役割を担いながら、自らの美と個性を磨く女性を応援する「ミセス・インターナショナル&ミズ・ファビュラス日本大会」(5月1日、東京)に出場する。東北代表の2人は「住む場所や年齢にかかわらず、女性はいつでも輝けることを証明したい」と意気込んでいる。

 国際女性支援協会(東京)が主催。昨年12月に東北地方で初めて同市で開催された、未婚・既婚を問わない国内大会「ミズ・ファビュラス」東北代表選考会で、宮崎さんは20代のブリリアント部門、西塚さんはシングルマザーのグレース部門に出場。見事、日本大会へ出場するファイナリストの座をつかんだ。

 大会を通して、応援してくれる人や地元の温かさを感じたという2人。

 宮崎さんは「八戸のPRを積極的に行い、お世話になった人へ恩返しがしたい」と強調。西塚さんは以前は同市のモデル事務所に所属していたが、子育てを優先してしばらく活動していなかったといい、「自分の成長が娘や周囲に良い影響を与えられたら」と語った。

 2人は29日まで日本大会へ向けた衣装代や交通費のほか、地元貢献の一環で市内飲食店への支援金を募るクラウドファンディングを実施している。詳細はホームページで。アドレスはhttps://camp-fire.jp/projects/view/390959

お気に入り登録