【米黒人暴行死事件】差別病巣「氷山の一角」 警察不信消えず

 米国で警察官に射殺された人の人種別割合
 米国で警察官に射殺された人の人種別割合
米中西部ミネソタ州ミネアポリスで昨年5月に起きた黒人男性暴行死事件は、米国を長年むしばむ人種差別という病巣を浮き彫りにした。「氷山の一角だ」「事件が撮影されていなければ、どうなっていたか」。黒人を狙ったかのような警察の取り締まりに市民の不信.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録