【緊急事態宣言】広い休業対象、大阪案が波紋 政府との調整難航必至

 緊急事態宣言下の主な要請内容
 緊急事態宣言下の主な要請内容
新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言の発令を前に、大阪府の吉村洋文知事が表明した対策案が波紋を広げている。休業要請の対象は土日祝日の飲食店から百貨店やテーマパークにまで及び、人の流れを一気に抑えたい考え。だが、経済への大打撃が避.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録