衆院任期残り半年 青森県内各政党、臨戦態勢も課題山積

衆院議員の任期が21日で残り半年となった。青森県内の各政党は次期衆院選に向けた臨戦態勢を敷くが、課題は山積している。比例を含む4議席の死守を目指す自民党は、新型コロナウイルスへの対応や「政治とカネ」の問題で国民の不満を解消できず、光明を見い.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録