日本のサンマ漁獲枠41%減 21年、不漁で国際合意対応

水産庁は20日、不漁が深刻化しているサンマの2021年漁期(1~12月)の漁獲枠を、前期比約41%減の15万5335トンとする方針を公表した。漁獲枠の現行制度を導入した1997年以降で最小となる。2月に開かれた北太平洋漁業委員会(NPFC).....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録