「堂々と生活できるように」 明治小の及川さん、ウィッグ寄付

伸ばし続けた髪を切り、笑顔を見せる及川明李咲さん
伸ばし続けた髪を切り、笑顔を見せる及川明李咲さん
自身の髪で作ったウィッグを事故や病気で頭髪を失った子どもに寄贈する「ヘアドネーション」に協力するため、八戸市立明治小5年の及川明李咲(ありさ)さん(10)は13日、市内の美容院で腰まで伸ばした髪を肩上まで約40センチばっさりと切った。「ウィ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録