Free弘前公園のソメイヨシノ満開に 園内「準まつり体制」で楽しむ

交通規制に従って散策する花見客=19日、弘前公園
交通規制に従って散策する花見客=19日、弘前公園

全国屈指の桜の名所、弘前公園のソメイヨシノが19日、園内全域で満開となった。弘前さくらまつりは本来の開幕日の23日を前に、桜の早咲きに合わせて「準まつり体制」で始まっており、訪れた人たちは、通行規制など新型コロナウイルス感染防止のルールを守りながら花をめでていた。

 昨年は新型コロナの影響で、園内が全面封鎖となっており、開催は2年ぶり。天候に恵まれた19日は、家族連れら多くの人が思い思いに散策したり、カメラやスマートフォンで桜を撮影したりして楽しんでいた。

 弘前市内から夫婦で訪れた男性会社員(57)は「いつもより人が少なくて静かな感じ。昨年は見られなかったのでとてもうれしい」と笑顔で話した。

 市公園緑地課によると、園内のソメイヨシノの満開は3日間ほど続き、その後は花吹雪や花筏(はないかだ)が楽しめる。

お気に入り登録