青森県南町村長選で現職敗北相次ぐ 実績強調の手法、評価につながらず

新人候補に敗れた(左上から時計回りに)横浜町の野坂充氏、大間町の金澤満春氏、東通村の越善靖夫氏、東北町の蛯名鉱治氏(写真はコラージュ)
新人候補に敗れた(左上から時計回りに)横浜町の野坂充氏、大間町の金澤満春氏、東通村の越善靖夫氏、東北町の蛯名鉱治氏(写真はコラージュ)
昨年12月から今月18日までに実施された青森県南地方の四つの町村長選で、現職だった候補が相次いで敗れた。関係者は、人口減少や少子高齢化などが進行する中、閉塞(へいそく)感を打破する可能性を示した候補が選ばれたのでは―と分析。実績を主張できる.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録