青森県内温室効果ガス排出量、18年度は1463万トン ほぼ横ばい

青森県が19日発表した2018年度の県内温室効果ガス排出状況によると、排出量は前年度比0・2%増の1463万8千トンで、ほぼ横ばいだった。排出量が減少しなかったのは、電力会社が1キロワット発電する際の二酸化炭素排出量を示す「電力排出係数」が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録