コロナ感染を5分で解析 世界最速、理研が開発

 モニターに映された蛍光分子で光った新型コロナウイルス。短時間に大量の検体を解析することが可能という=19日、埼玉県和光市の理化学研究所
 モニターに映された蛍光分子で光った新型コロナウイルス。短時間に大量の検体を解析することが可能という=19日、埼玉県和光市の理化学研究所
新型コロナウイルスの感染を世界最速の5分ほどで正確に調べられる新しい検査方法を開発したと、理化学研究所や東京大などのチームが19日、英科学誌に発表した。現在確定診断に使われているPCRと同程度のコストで、短時間に大量の検体を解析することが可.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録