東通原発、工事完了3年延期の方針/東北電

東北電力が東通原発(東通村)の再稼働の前提となる安全対策工事の完了目標時期を、2021年度から24年度に3年延期する方針であることが19日までに、関係者への取材で分かった。月内にも青森県や村に報告する見通し。原子力規制委員会による新規制基準.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録