【災害時の住宅】仮設に「移動式」活用 プレハブ型より簡単、全国で広がり

 熊本県球磨村に運搬された「ムービングハウス」の仮設住宅=2020年7月
 熊本県球磨村に運搬された「ムービングハウス」の仮設住宅=2020年7月
ムービングハウスやトレーラーハウスなどの移動式住宅を、災害時の応急仮設として活用する動きが広がっている。2018年の西日本豪雨以降、全国で200戸超が供給された。防音性や断熱性に優れ、一から建設するプレハブ型より早くて簡単に設置可能。一部の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録