Free【週間ダイジェスト】4月11~17日

▽観測史上最速で開花
 八戸市の市民団体「館鼻公園の桜を観(み)まもる会」は11日、同市湊町の館鼻公園内にあるソメイヨシノの開花を宣言した。市などによると観測が始まって以来最も早かった。

 ▽高齢者のワクチン接種スタート
 65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種が12日、全国各地で始まった。青森県内ではむつ、青森両市で高齢者施設の入所者と職員合わせて約170人に対して実施し、医療従事者を除く一般住民の接種が県内でもスタートした。

 ▽八戸で小学校クラスター
 青森県は11、12の両日、県内で新たに計18人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。八戸市では、市立小学校で教職員7人と児童1人が感染するクラスター(感染者集団)が発生し、関連を含めれば感染規模は計10人に上った。青森市でも新たな飲食店クラスターが発生。県内の感染者数は累計1177人となった。

 ▽七戸町長選、小又氏が無投票で4選
 任期満了に伴う七戸町長選は13日告示され、現職の小又勉氏(72)=無所属=以外に立候補の届け出がなく、無投票での4選が決まった。

 ▽ユニバース売上高初の1300億円超え
 北海道、東北地方などで展開する食品スーパーのアークス(札幌市)は13日、2021年2月期通期(20年3月~21年2月)の連結決算を発表した。グループ会社のユニバース(八戸市)の売上高は前期比4・5%増の1327億500万円で、初めて1300億円を突破。新型コロナウイルスの外出自粛に伴う巣ごもり需要により、内食が増加したことで売上高が伸長した。

 ▽対外試合の禁止を通知 
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、青森県教委は14日、県立学校の各校長に対し、5月5日まで部活動の対外試合や合宿を禁止するよう通知した。外部人材が来校しての直接指導も原則禁止とする。県総務学事課も県内私立学校に県教委の通知を送付した。

 ▽青森で市中感染
 青森市内の飲食店で新型コロナウイルスのクラスター発生が相次いでいることを受け、青森県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師は16日、「市中感染が起きている」との認識を示した。

 ▽十和田湖遊覧船、今季の運航開始
 十和田観光電鉄が運航する十和田湖遊覧船が17日、今季の営業を開始した。4月の運航スタートは2年ぶり。

お気に入り登録