時評(4月18日)

原発の使用済み核燃料をプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料として再利用した後の燃料について、経済産業省は2030年代後半をめどに再処理技術の確立を目指す。位置付けが曖昧だった使用済みMOX燃料の「その後」を初めて明示した格好で、今夏.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録