コロナ対応防護服開発 八高専が八戸市民病院、エポック(八戸)と共同で

防護服背面の高性能フィルターが付いた送風機について説明する関係者=16日、八戸高専
防護服背面の高性能フィルターが付いた送風機について説明する関係者=16日、八戸高専
新型コロナウイルスへの対応に当たる医療従事者を支援しようと、八戸高専(圓山重直校長)は、八戸市立市民病院(今明秀院長)や縫製業を行う同市のエポックインターナショナル(平内國俊社長)と共同で、新型コロナ対策を施した防護服を開発した。高性能フィ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録