行き場失うアマゾン研究の資料、保管先確保/山形県鶴岡市

 父が集めたアマゾンの資料を説明する山口考彦さん=3月、山形県鶴岡市
 父が集めたアマゾンの資料を説明する山口考彦さん=3月、山形県鶴岡市
山形県鶴岡市のアマゾン研究家山口吉彦さん(79)が現地で収集した民族・自然関連の資料で、市の展示施設の閉館により約7年前から宙に浮いていた約2万点の保管先が決まった。「人と自然、人と人との共生という父の願いを継ぎたい」。移設作業に取り組んだ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録