【日米首脳会談】環境と人権、結束に腐心 衆院選意識、リスクも

訪米中の菅義偉首相がバイデン米大統領との会談に臨む。中国情勢、気候変動や新型コロナウイルス対策で結束を誇示したい考えだ。「強固な日米同盟」を演出し、秋までに実施される衆院解散・総選挙をにらみ政権浮揚を図る狙いが透ける。だが環境と人権の視点か.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録