八戸市中心街で再興へ新たな動き/コロナ禍2度目の春

コロナ禍で迎えた2度目の春。八戸市中心街では感染対策を講じつつ、経済を回そうとする動きが出始めている(写真はコラージュ)
コロナ禍で迎えた2度目の春。八戸市中心街では感染対策を講じつつ、経済を回そうとする動きが出始めている(写真はコラージュ)
新型コロナウイルスの影響で地域経済が冷え込む中、八戸市中心街では感染対策を講じて経済を回そうとする新たな動きが出始めている。クラスター(感染者集団)も散発的に発生するなど新型コロナの収束時期は見通せないが、関係者は街なかの元気を取り戻そうと.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録