【刻む記憶~東日本大震災10年】八戸に伝わる「津波てんでに」 体験学習館長の前澤さん、伝承に意欲

八戸市に伝わる言葉「津波てんでに」の伝承に取り組む前澤時廣さん=3月下旬、同市
八戸市に伝わる言葉「津波てんでに」の伝承に取り組む前澤時廣さん=3月下旬、同市
過去に幾度も甚大な津波被害を受けた三陸地方に伝わる言葉「津波てんでんこ」。津波が発生した際、おのおのが高台に避難するという口碑だが、八戸市の湊地区や江陽地区などの沿岸部にも「津波てんでに」という言葉が古くから伝わっている。ただ、多くの市民は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録