東京五輪パラ公式商品化、47都道府県達成 工芸品303点

 展示された東京五輪・パラリンピック大会公式商品の伝統工芸品=15日午後、東京都中央区
 展示された東京五輪・パラリンピック大会公式商品の伝統工芸品=15日午後、東京都中央区
東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、大会公式商品を全国の伝統工芸品で製作するプロジェクトで、全47都道府県の産品で商品化を達成したと発表した。大会エンブレムをあしらった商品数は303点に上る。価格が最も高いものは輪島塗(石川県)の宝.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録