時評(4月16日)

韓国で次期大統領選挙の前哨戦といわれたソウル、釜山(プサン)両市長選挙は、与党「共に民主党」の候補が大差で敗れた。昨年4月の総選挙では、与党が圧勝したが、韓国民の選択はわずか1年でまったく正反対になった。 韓国社会は一昨年、曺国(チョグク).....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録