【まん延防止4県追加】危機意識、政府と自治体でずれ

 緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の違い
 緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の違い
新型コロナウイルスに対応する「まん延防止等重点措置」の適用対象に埼玉、千葉、神奈川、愛知の4県が追加される。緊急事態宣言よりも機動的な活用を想定していたが、実際は感染拡大を後追いする形に。政権と自治体の危機意識にずれが生じ、対策の実効性を疑.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録