Free朝のダイジェスト(4月16日)

【カタクリかれん】八戸市鮫町の青森県立種差少年自然の家の敷地内で、カタクリがかれんな花を咲かせている。15日は施設に向かう道路沿いの斜面や自然観察林などで、海からのさわやかな風を受け、紫色の花が揺れていた。

 【低所得ひとり親世帯に5万円支給へ】二戸市は15日、新型コロナウイルスの経済支援策として、低所得のひとり親世帯に対し、児童1人当たり5万円を支給することを明らかにした。

 【3月水揚げ、過去10年で3番目の低さ】3月の八戸港の水揚げ統計によると、数量1077トン(前年同月比2%減)、金額3億6102万円(45%減)で、数量、金額とも過去10年で3番目の低さとなった。

 【農業者に商品券支給】田子町は15日、新型コロナウイルス感染症に対する独自支援策として、農業者の各世帯に町内店舗で使える地域活性化商品券5万円分を支給すると発表した。

 【青森県で45人の感染確認】青森県は15日、県内で45人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの感染者数としては過去2番目の多さ。保健所管内別では青森市36人、八戸市4人、上十三3人、弘前と五所川原が各1人。

お気に入り登録