大阪発ユニーク家電が人気 在宅時間増、遊び心で勝負

 ライソンの「ギガたこ焼き器」(手前)と「せんべろメーカー」(左奥)
 ライソンの「ギガたこ焼き器」(手前)と「せんべろメーカー」(左奥)
大阪の中堅メーカーが企画したユニークな調理用家電が人気だ。特大サイズのたこ焼き器や調理時間を極限まで短くしたトースターなど遊び心で勝負。新型コロナウイルス流行で増加する在宅時間の「お供」として存在感が高まっている。 「ひとり吞(の)み」「宅.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録