時評(4月15日)

政府が東京電力福島第1原発で増え続ける処理水を海洋放出する方針を正式決定した。処理水は汚染水を浄化しても除去できない放射性物質のトリチウムを含む。漁業関係者らは最後まで反対したが政府は安全性に問題ないと押し切った。 技術的、政策的に本当に検.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録