青森県産ヒラメ活用し“生ハム”を開発 馬渡商店(八戸)が販路拡大に力

「熟成ひらめ生ハム」の販路拡大を目指す馬渡俊一代表=八戸市
「熟成ひらめ生ハム」の販路拡大を目指す馬渡俊一代表=八戸市
八戸市で干物などの水産加工品を製造、販売する馬渡商店(馬渡俊一代表)が、八戸港で水揚げされるヒラメを使って開発した「熟成ひらめ生ハム」の販路拡大に力を注いでいる。あっさりとしたヒラメの特徴を生かしながら薫製風味にし、肉の生ハムのような味わい.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録