【柏崎刈羽運転禁止】原発復権議論に影 変わらぬ東電、強まる逆風

 原発の再稼働を巡る状況
 原発の再稼働を巡る状況
原子力規制委員会が東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)に対する事実上の運転禁止命令を出した。核物質防護を巡る一連のずさんな対応は、福島第1原発事故から10年を経ても変わらない東電の安全軽視の体質を浮き彫りにした。信頼回復の進まない原子力への風当た.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録