Free犬のしつけや接し方学ぶ 八戸でデリオンくらぶ講座

不来方栄二店長(左)から犬の世話の仕方などを学ぶ参加者
不来方栄二店長(左)から犬の世話の仕方などを学ぶ参加者

デーリー東北読者クラブ「デリオンくらぶ」の会員向け講座「お世話のいろは講座~ワンちゃん編~」が11日、八戸市のペットショップZoomore(ズーモア)八戸店で開かれた。飼育初心者を中心に約10人が参加し、ペットの接し方やしつけなどを学んだ。

 同店とデーリー東北新聞社の主催で、飼い主が犬の世話の仕方などを学ぶことで、ペットとの生活を充実させることが目的。

 同店の不来方栄二店長がスタッフ犬のトイプードル2匹と一緒に世話やしつけの仕方を実演。子犬を落ち着かせる方法や、トイレのしつけ、散歩の慣れ方など犬の習性、本能を利用した接し方を丁寧に説明した。

 不来方店長は「時には厳しさも必要だが、基本的には褒めてあげることが大切」と呼び掛けた。

 トイプードルを飼っているという浜田咲季さん(11)=市立白鷗小6年=は「我慢してもらうことも大切と分かった。褒めて育てられるようにしたい」と話した。

お気に入り登録