八戸市民フィル、2年ぶり定期演奏会 重厚な音色で聴衆魅了

2年ぶりに開催された八戸市民フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会
2年ぶりに開催された八戸市民フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会
八戸市民フィルハーモニー交響楽団(辻正武団長)の第53回定期演奏会が11日、市公会堂で開かれた。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、2年ぶりの開催。35人編成で演奏時間を短縮したが、団員は重厚なオーケストラの音色を響かせた。会場には.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録