Free折爪岳の湧き水、ペットボトルに ラベルデザインも決定(九戸)

公募で決定したペットボトル水道水のラベルデザイン
公募で決定したペットボトル水道水のラベルデザイン

九戸村水道事業所(上村浩之所長)は本年度、折爪岳の湧き水を使用したペットボトル水道水を製品化する。昨年度に名称を村民から募集し、「GO九っ戸(ごくっと)」に決定。全国から公募したラベルデザインも決まり、8月ごろに製品を完成させる予定だ。

 ペットボトルに詰めるのは、主に同村江刺家地区に配水されている水道水。ミネラルが豊富でおいしいと評判だ。

 名称は村民から278点の応募があった。1次審査を通過した8点から、村内の全児童生徒の投票によって、同村山根の団体職員真下(まっか)進一さん(46)の「GO九っ戸」が選ばれた。

 ラベルデザインは全国から46点の応募があり、選考委員会による審査の結果、静岡市のグラフィックデザイナー天野穂積さん(67)の作品が優秀賞(採用デザイン)に決まった。折爪岳の五滝や戸井良沢(といらさわ)のミズバショウなど村の景色をモチーフに、きれいな水を表現した。

 同事業所はペットボトル5千本(500ミリリットル入り)を製造する計画で、うち2千本を村内の事業所や産直施設「オドデ館」などで販売する。残り3千本は災害時の備蓄用などに使う。

 製品化を発案した同事業所の小野寺隆主任は「商品が完成したら、九戸村のおいしい水を通じ豊かな自然を知ってもらうため、PRに力を入れたい」と意気込んでいる。

お気に入り登録