20年度下半期は1件 空自三沢の航空機部品落下事案

航空自衛隊三沢基地は13日、2020年度下半期(20年10月~21年3月)に発生した航空機の部品落下事案を公表した。21年2月、同基地所属のE2C早期警戒機1機から、翼に車輪を格納する部分の扉の内側に付いていた緩衝材1点がなくなった。落下に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録